投稿

スロットジャックポットについて

イメージ
 オンラインカジノでスロットを打つのと、街中のパチンコ屋にスロットを打ちにいくのとでは 断然、街中のスロットの方が稼げる幅は数万円でも良い方になってしまいますが、損失も見極めがしやすく 少額で遊べるかなと思います。 デメリットとして、台について確率設定がされている事を理解した上で 台の挙動をしっかりとチェックしないといけないです。 その点、オンラインカジノスロットでは、目押しや確率設定の予想をしたりといったスロットに関する知識が そこまで詳しくなくてもプレイをする敷居は低いですし、 スロットジャックポット と呼ばれている 所謂、オンラインカジノの宝くじのような低確率で発生する払い戻し機能や これは、スロットにも似た機能でリプレイと呼ばれている無料で回転できる機能がオンカジでも フリースピンとして備わっています。 スロットジャックポットは、宝くじと同じくらい低確率ではあるものの、 払い出される金額としては、宝くじと同じくらいに高額な金額なので、スロットジャックポットについて 狙っているユーザは多く存在しています。

カードゲームのブラックジャックはやばい!

イメージ
  オンラインカジノの人気は日に日に伸びていて、今ではプレイは未経験でも存在そのものは認知している人が多くいますよね。 オンラインカジノの人気はスロットでも、それなりにあるようですがカジノと言うとテーブルゲームを最初に想像する人が多いのではないでしょうか テーブルゲームにも色々なゲームが存在しますが、中でも手軽に始められるのがトランプを使ったカジノです。 おそらく、経験した事があるひとの方が多いのではないかなと思いますが、ポーカー、ブラックジャック、この2つは小学生でもプレイしていたりするので 結構多くの方が知ってる遊びじゃないかなって思います。 ブラックジャックゲーム なんですけど、一般の賭けが発生していない遊びでは、しっかりとルールが考えられずに中にはオリジナルに独自のルールを作って遊んでいたりする人もいたりして 結果、21を揃える事がルールのブラックジャックが、目指す数字を間違えて覚えているパターンもあったりします。 そう言った事もあるので、まずはTop10オンラインカジノなどでブラックジャック含め、経験しようとしているカードゲームのルールをおさらいしてみる事を強くお勧めします。 実際にここからカジノでブラックジャックをする時なんですけど、最初からしっかりとルールは大丈夫と自信を持っている方は いきなりライブカジノに挑戦するのも経験としてありかなって思うんですけど、カジノのブラックジャックの流れと一般のお遊びとでは やはり違うものはあるかと思うので、シミュレーション程度にコンピューターで挑戦してみるのがいいんじゃないかなって思います。 また、ブラックジャックを扱っているテーブルごとに掛け金などが異なる事があるので、 自分の軍資金とどのくらい遊びたいのかを考えて、遊ぶテーブルを見つけたらいいんじゃないかなって思います。

オンカジサイト、カジノエックスとかジャックポットの金額が凄すぎる

イメージ
オンカジ サイトって無料で情報を確認できるTop10オンカジサイトもあれば 会員登録して支払先情報などを登録してプレイするオンカジサイトもあるわけですけど 最近、情報収集が深掘りしていたので、カジノエックスやカジ旅についての情報とか少なかったんですよね。 カジ旅サイトに関しては、ゲームっぽい感じのイラストが90年代のような感じですが(令和になって、過去を遡ったと思えば気にならないレベル) オンカジのボーナスとしては、良い方なのかなと思いました。 初回ボーナスから4回継続でボーナスが受け取れフリースピンも100ついてくるというのはうまくいけば初回ボーナスだけで そこそこ利益出せるのではないかと思いますね。 次にカジノエックスなのですが、こちらのサイト2012年からサービスが開始されているサイトなのですね。 ただ、自分が知らなかっただけですが、8年間ライセンスを所有していて運営を続けていられるのは、 カジノ側からの対応も十分にプレイしていなくても評価できるレベルなのではないかと思います。 また、会員登録をしていなくてもカジノエックスのジャックポットの金額が確認できます。 記事を書いている時で [ JPY1,543,120,419 ] 日本円にすると[ 100,001,543,120,419.00円 ] つまり100兆円になりますね。。。 あまりにも実感がわかなすぎて、数字だけが見えますが、100兆が手元に入ったりでもしたら生涯労働収入をすることなく生活ができそうですね。 カジノエックスに関しては、ジャックポットが出ないのではないかとさえ一瞬考えてしまいましたが 秒単位で金額が増えている事を考えると8年間で100兆は少なすぎるので、実際に何名かに関してはジャックポットが獲得されているのでしょうね。 夢がありますね。

オンカジを始めるのに資金がなくて困っている時には!

イメージ
オンラインカジノって ライセンス取得するのが、国ごとに相当な企業努力あってこその称号みたいなものなんだと 記事サイトを読んでいると感じ取れるのですが、ライセンスを取得しているだけでも 信頼に値するのに、ユーザーの使いやすさを併せて考えてくれているサイトは 数多にあると言っても、まだ少ない方なのではないでしょうか。 日本人ライクなサービスを提供しているカジノサイトなんだろうなと思う中の1つに エコペイズ を導入しているカジノサイトは候補に上がります。 理由としては単純で入り口が大きいからですね。 エコペイズを利用して、オンカジサイトに入金をすると クレジットカードでの入金が可能になります。 利用できるブランドは[Visa / Master / JCB]と日本のクレジットカードでも 多く知られているブランドなので、クレカをお持ちの方は、おそらくどれかのブランドに当てはまるのではないかなと思います。 クレジット決済なので、入金の反映もほぼリアルタイムなのではないかと思います。 入金をしたら、オンカジを楽しみ勝った金額を払い戻したい!そうなると思うんですけど エコペイズでは、なんと日本国内の銀行口座への送金も対応しているので 入金から送金まで、国外で口座を作ったり、BitCoinを経由したりする必要がなくなるので これは、今軍資金がまとまった金額用意できないと困っているユーザにも新しい可能性が感じられるときですね! エコペイズが使えるうちに、皆さんもカジノデビューを検討されてみてはいかがでしょうか?

カジノが出来たら雇用の影響はどうなる?

イメージ
ここ数年いないには日本国内にも必ずカジノが国内のどこかは確定していませんが、 建設されるのではないかと考えています。 もしも、 カジノが出来たら雇用の影響はどうなる? と言う問題に関しては、この先も課題感を持っていかなくては行けませんが、実際のところカジノができることによって 難しく考えなければ、おそらくはカジノに務める従業員が増えて、国内での職業がない所謂無職の人が減るような気がしているんですよね。 実際のところ、カジノの雇用を考えると、ディーラーは少なく見積もっても3人×テーブルゲーム数(仮に3個)として9人、フロアの従業員少なく見積もっても30人くらい常時雇用するとしたら、受付のレディ(5名)とか考えても50人弱は雇用が増えるって思ったら、経済的な効果が半端ないことになりそうですよね。 カジノ側だけが儲かってしまうなんて言うことも、日本の税金の関係上ありえないだろうし、カジノが儲かれば、確実に国も儲かるはずなので、結果として国内全体で考えるといいことなんですよね。 カジノが原因で人生が悪い方向にもいい方向にも変わってしまう可能性があるけれど、それでもカジノは日本には必要かもしれないですね。

オンラインカジノのスロット

イメージ
オンラインカジノのスロット の情報って最近は多くの方がブログを書いてるから今では情報源の確保に困らなくなってきましたね。 これだけ多くの方がブログを描き始めているってことは、つまりはオンラインカジノがそれだけ一般的とまでいかなくても認知が広がりつつあるということなんでしょうね。 多くの情報をサイトで見たりしていて思ったのは、トランプを使ったバカラやポーカーもやり方さえ覚えてしまえば、そこまで難しいゲームではありません。 しかし、対人が多いので相手の心理を読む力が少し必要なところもあります。それに比べるとルーレットならディーラーが投げる力でどの辺りにボールが落ちるのかを予測しやすいのかもしれないですが、個人的にはこのくらいの力で何回転するとか予測がつかないので、ルーレットにしても勝ち方をまだ見出せていないです。 この他にも様々なゲームがありますが、結論としてはオンラインカジノで遊ぶのであれば、無駄に頭を使わずに直感的に遊べるスロットが一番いいのかな?って思いました。 日本のパチスロのように基本的には設定なんか入っていないはずなので、安心してプレイできますよね。 同時に沢山回っているから、そろそろ出るんじゃないかっていう予測もしなくていいので、純粋に遊びたい台で時間を使えるのはいいかなって思いました。

日本人ギャンブラー「柏木昭男」

イメージ
日本人ギャンブラー で知っている人って、どんな人がいますか? 実は私は対して日本人で有名なギャンブラーを知りませんでした。 検索したら、大体どんなサイトでも5名ほどの有名人を紹介されているのですが、その中の一人に名を記されている人が「柏木昭男」です。 柏木さんは、1990年、本当つい最近ですよね。 1990年に海外のカジノに通い、バカラで29億円もの収益を上げる程の腕前であり、有名なトランプ氏が経営されているカジノに直々に招待されるなど一言で表す事が難しいですが、とてもすごい人でした。 当時の新聞では、柏木さんを「最も派手なギャンブラー」と一面で紹介した新聞もあるようです。 記事には柏木さんが、派手なギャンブラーだったと記載があるけれど実際には、何が派手なのか気になってしまって、少し調べてみました。 大きく注目をされたのは、トランプさんとの直々の対決があったようです。 掛ける金額が一般人では想像もつかないレベルだったみたいですね。 トランプさんの運営するカジノに招待をされた時には、最低ベッドが25万ドル(1ドル/144.7925[1990年時])つまり、3600万程の金額だったというわけですが.... こんなに掛けるゲームを何十回と繰り返して2日で600万をプラスで終わらせる事が出来たという結果を持っている人なのであれば、確かに派手なギャンブラーと言われるのもうなづけますね